サイトマップ

カードローンの返済がきつい時の方法

カードローンは繰返しの借入れが簡単にできるので、まるで自分のお金のように使い過ぎてしまうというリスクがあります。計画的に返済してすぐに完済する人もいれば、ついつい借り過ぎてしまって、毎月の返済が負担になってしまう人もいます。

 

現在のカードローンの金利は低くなっていますが、それでも数百万円と借入れをすれば返済の負担は大きくなります。

 

もしも毎月の返済が辛くて生活を圧迫するほどであれば、何かしらの対策が必要です。カードローンでは、毎月の負担を減らす方法があります。

 

 

返済額を減らすよう交渉する

実は、毎月の返済額は減らすよう交渉ができます。毎月の返済額は借入残高や限度額によって決定していますが、これを約定返済額といいます。

 

カードローンによって変わりますが、例えば100万円借入残高があれば2万円返済しなければならないとします。生活費などを考えると2万円の返済が辛いなら、毎月1万円に減らせないか相談ができます。

 

もちろん要望が必ず通るとは限りませんが、消費者金融などでは意外と柔軟に対応してもらえます。本当に返済が辛い状況であれば、利息分のみの支払いという手段もあります。ただし、利息分だけの返済では、元金はいつまでたっても減らないので、根本的な解決にはなりません。

 

低金利な所へ借り換える

毎月の返済額が多すぎる、複数で借入れしていて返済が辛い、そのような時には、金利の低い所へ借り換えをするか、1本化して返済額を抑える方法があります。特に複数で借入れをしている場合には有効な手段です。

 

金利はどこのカードローンも一定というわけではありません。同じ金額の借入れでも返済額もまた、カードローンによって変わります。

 

特に複数で借入れをしている場合ですが、金利は借入金額が多い程低くなります。分散して複数で借りるよりも、まとめてしまった方が金利は低くなりやすいのです。

 

借り換えに適するカードローンで借りられれば今後の返済が軽くなりますので、低金利で人気となる借り換え対応ローンを利用するようにしましょう。

 

借りる段階で考えておけば良い

当たり前のことではあるのですが、カードローンは返済が苦しくならないようにりようしなければなりません。計画的に借り入れを行い、返済に関してもしっかりと見据えた上で利用をしなければならないのです。

 

しかし、実際には無計画にカードローンを利用してしまう方が多く、いざ返済となると苦しい、厳しいと感じてしまいます。限度額内で繰り返し借りられるカードローンの利便性に甘えすぎるばっかりに、限度額があればあるだけ借りてしまう方が多く、結果として返済ができないなどといった状況に陥るのです。

 

返済負担を軽くする方法として上に挙げた借り換えですが、借り換えの借り方は債務整理ではなく借金となるため、当然ながら返済は正常にできていないと利用はできません。既に返済がパンクしているような状況では、どこの借り換えローンも審査には通らないでしょう。

 

消費者金融よりも審査基準が厳しくなる銀行の場合には尚更で、返済が遅れていたり不足入金が続いているような状況では、金利が低いカードローンへの借り換え審査は通らず、借り換えは不可となってしまいます。

 

借り換えができない、返済負担が軽くならないとなると今後の継続していかなければならない返済も続けられなくなってしまうので、お金を借りる段階でしっかりとした返済計画を持ってカードローンを利用するようにしてください。

 

計画的に使う低金利カードローン

返済を最優先で考えてカードローンを使うなら、やはり低金利の銀行カードローンから見るべきです。最近では銀行のカードローンも来店不要で手続きができるようになってきているので、手軽さを重視する方にとっても銀行は適する借り入れ先となってきています。

 

早い審査や融資にも対応をしてきていることもあり、消費者金融での借り入れではなく三井住友銀行カードローンで手軽に安心して借りる方も多いです。

 

メガバンクだからと手続きが面倒なわけでもありませんので、返済を考えてカードローンを利用するなら候補の一つして検討をしてみるだけの価値はあります。